それぞれのレプリカカルティエ時計に、小さくてユニークな彫刻が映し出されていることに気付きます

三番目はルイ・モイネ・メテオリス・トゥールビヨン小惑星レプリカカルティエ時計です。18Kホワイトゴールドケース、ダイヤモンド、ダイヤルは小惑星から出てきた隕石からのものです。石はアフリカのサハラ砂漠砂漠で発見された。あなたは、それぞれのレプリカカルティエ時計に、小さくてユニークな彫刻が映し出されていることに気付きます。そして、ロープルのレプリカカルティエ時計の上部には、ゼンマイのバレルの頂点にあります。ここには、地球に降りてくると言われている小さな隕石が描かれています。石は文字盤のようにとても可愛く、Itqiy(隕石の名前)から切り取られています。それは太陽の近くに形成されたと言われ、ツーソンのアリゾナ大学(私の母校)によって認証されました。

レプリカカルティエ時計の動きのまわりには特別な素材(TM)があります。それはもともと英国軍のために開発されたもので、信じられないほどの衝撃吸収力を持っています。オレンジ色の愚かなパテのような素材は、非常に速い時間にハードからソフトに移行するユニークな能力を持っています。つまり、材料が瞬時に柔らかくなり、材料が再び強くなっている間に跳ね返り、散逸することを意味します。そのレプリカカルティエ時計ような材料のための潤滑剤は無限であり、運動の保護として幻想的に使用されている。

レプリカカルティエ時計からの損害をどのように減らすかについての議論は、しばらくの間猛烈な反発を続けています。レプリカ市場を止める方法はありませんが、どのレプリカカルティエ時計が偽であるかを判断する簡単な方法かもしれません。さらに、このような技術を使用して、レプリカカルティエ時計をより正確に識別してマークすることができます。これはまさにWinwatchがレプリカカルティエ時計用結晶の内部に配置する小さなRFID(無線周波数ID)タグの開発を意図したものです。実際に、彼らはそのような結晶が持つ3つの主要な領域を見る。これらは、偽造レプリカカルティエ時計市場に対抗し、製造とサプライチェーンのプロセスを改善するだけでなく、優れた顧客サポートを提供する能力を提供するものです。